« 若狭エンゼルライン | トップページ | 父の死 »

遭難さわぎ

昨夜は大変だったんです。7時頃に「妹(68)がR山に

行って、下山中に道に迷ったと携帯で連絡してきたっき

り帰ってこない」と友人から電話があり、すわ一大事と

道案内をすべく同行しました。

真っ暗の林道をひた走り、登山口に着いたんだけど、

車は見当たらず、果たしてこの山域にいるのかもわから

ないし、もう警察に届け出ました。この時点で8時40分。

雨も降り出してますます不安が増長する一方。警官5名

が来られ、細い草ぼうぼうの林道を入った奥で車を発見

したけど、それこそ漆黒の闇の中で、捜索できず、明朝

にということで、深夜山を降りました。

翌朝、ヘリも飛んで捜した結果一行3名無事下山して

来たとのこと。小屋を見つけて、そこで一夜を過ごした

らしいです。78歳を頭にみんな初老(立派な老人かな)。

他人事とは思わず、気をつけなくてはと再確認。

« 若狭エンゼルライン | トップページ | 父の死 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まったくです。
人騒がせにもほどがある。いいトシして。
格好悪いと思います。
何が失敗の原因だったのか、よく、検討して、今後の山登りやハイキングの一助にしてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1263731/31568114

この記事へのトラックバック一覧です: 遭難さわぎ:

« 若狭エンゼルライン | トップページ | 父の死 »