« 外来植物の除去作業 | トップページ | 千年昔の真夏には »

暑中お見舞い申し上げます。

P2010_0721_110503 すさまじいゲリラ的大雨が過ぎ去ったと思ったら

この暑さ。気候がなんだか荒々しくなったというか

今までの温暖な気候なんて言っていられない感じ。

明日も猛暑との予報を聞き、夫と二人で白山を少

し歩こうときめて、翌朝お弁当やお茶など持ち、出

かけました。別当出会を出発したのが8時半、観光

新道を行ける所まで行こうと決めて、ゆっくり登りま

した。室堂までの半分まで行き、ここでお昼にして、

もう引き返すことにしました。山の風は涼しく、汗をかいてもすっきりしていて心地

よいものです。途中、いろいろ花が咲いていました。ササユリ、ゴゼンタチバナ、シ

モツケソウ、ニッコウキスゲ、タカネナデシコ、ミヤマコウゾリナ等など。もっと行くと

高山植物が色とりどりでしょうけど、夫の体力を考慮してここまで。72歳の彼にし

ては結構なことです。途中ゴミ拾いをしながら行ったのですが(実は、環境省の自

然公園指導員なんです)殆どゴミがなく、一昔前に比べると驚くほどの美しさ。

 永平寺の青年僧たち70人ほどが黒いランニングシャツに黒の作務衣のズボン

といういでたちで下山してくるのに会いました。毎年修行の登山をするので、過去

何回か眼にしました。荷物などほとんどなく全く身軽。沈香の残り香がしました。

« 外来植物の除去作業 | トップページ | 千年昔の真夏には »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1263731/35867205

この記事へのトラックバック一覧です: 暑中お見舞い申し上げます。:

« 外来植物の除去作業 | トップページ | 千年昔の真夏には »