« 我が家のグリーンカーテンです。 | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます。 »

外来植物の除去作業

昨日は暑い一日でした。朝早く家を出て、自然保護センターに向かいました。

午前中は今あちらこちらで眼にする外来生物、特に植物についてレクチュアー

を受けて、何が問題なのか、そして現状がどうなのか、効果的な除去方法に

ついてしっかり学びました。そして昼食後、近くの、貴重な植物も生息する湿地

に出向き、オオハンゴンソウ(特定外来生物指定)の除去作業をしました。わ

ずか1時間半の作業だったけど汗びっしょりです。ミズトラノオ、ゼンテイカ、コ

バノギボウシ、モウセンゴケなどの在来種が助けて!といってまだ生きています。

ここ近年、ほんとにあちこちで外来種の花が増えてきました。オオキケイギク、マ

ンテマ、ナガミヒナゲシ、キバナコスモス、アレチウリ、ブタナ‥‥もう切りがあり

ません。一旦入ってしまったのを除去することは大変な費用と労力が要ります。

ヒメオドリコソウやコバンソウの凄い繁殖力!畑や庭に入るとあっという間に一

面に広がってしまい、除去にはほんとに苦労します。

思い出してみれば、子供の頃には、キキョウやオミナエシ、ヒャクニチソウ、夏菊

などが庭で咲いていたものですが、今は園芸店で買ってきた、カタカナの名前の

花が横行していて、原産地はアフリカとか北アメリカとか馴染みの薄いものばかり。

まずは庭に植える花から考えなくてはね。

« 我が家のグリーンカーテンです。 | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1263731/35715080

この記事へのトラックバック一覧です: 外来植物の除去作業:

« 我が家のグリーンカーテンです。 | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます。 »