« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

息子一家の帰省

Image203 今年も夏期休暇に入った息子たち一家が帰省。

楽しくにぎやかな数日を過ごして、今度はもう一

箇所の親たちの元に移動して行きました。二人

だけの変化に乏しい生活にカツを入れてくれま

した。連日の猛暑にめげずに、海に釣りに出か

けた一こまを載せました。息子にオキアミを入れ

た小さな籠に4号のこれまた小さな針を数本付け

た竿を用意して貰い、海に投げ入れた途端、ワッ

と小魚が集まってそこを引っ掛けるように釣り上

げると、数センチ位の鯵やメジナが釣れるので、

面白いこと!

しばらく釣っているうちに30匹ほどたまったので、もう切り上げて途中の浜辺

Image212_2 でバーベキューなどして、帰路につきました。

その夜の夕食は、から揚げならいけるだろうと、骨まで

食べれるようにカラリと揚げて、おいしくいただきました。

翌日は岐阜県境の1200メートルある峠にドライブ。

カーブの続く細い山岳道路、ガードレールも無い路肩の下

は深い断崖。初めての者にはちと恐すぎたみたい。無事

下山後は、温泉で汗を流して、名物の蕎麦を頂き、帰宅し

ました。今日お昼過ぎに、孫たちはいっぱいの思い出を持

って我が家を後にしました。

八ヶ岳を歩いてきました。

先日1泊2日で北八ヶ岳を歩いてきました。JRとバスを乗り継ぎピラタス

ロープウェー山頂駅を出発したのが13時15分。五辻コースを行き、麦

草峠で15時。ちょっと時間掛かりすぎ。高見石小屋にはゆっくりいくから

5時ころ到着と連絡は入れてあったので、まぁ、あせらず登りました。岩

のごろごろの道は結構大変。1時間15分程掛かり丸山通過、16時30分

過ぎにようやく小屋到着。5年前に冬の雪の中、やはり山頂駅から縞枯山

、茶臼山を越え、麦草ヒュッテに泊まり、白駒池廻りで高見石小屋に出て

賽の河原を渋の湯に下りたことがあります。あの時は小屋のご主人は外

出中との札がぶら下がっていたので素通りして先を急いだっけ。

今度は泊まりたいなと思っていた小屋は清潔で、食事もおいしかったです。

主の原田さんは天体観測が何より好きと聞いていたのに、その夜は厚い雲

が懸かり雨も降り残念。P2010_0802_060503 出発前に原田さんとアシスタントの青年と記念撮影

して、再会を約し出発。うん、原田さんてシャイ

で素敵な人。ここまでならまた来れるでしょう。

その先、中山を越して、東天狗に登り、黒百

合ヒュッテに直で下りました。ここは初めて。

天狗の奥庭ってすごい!一面ごろごろの岩の山。

石をポンポンと飛び移って進むのって気持ちいいんだけど、だいぶ重くなった

体では危なっかしいこと。天狗の真似は怪我のもと。

黒百合の小屋から渋の湯までは楽ちんとあなどっていました。これがなかなか

の道。以前木道があったと思うんだけど大雨などですっかり流されたりで荒れ

果てた道に変貌していました。途中で唐沢鉱泉から来たというオランダ大使館

員のご夫婦と出会い、カタコト英語で会話を楽しみました。お湯は良かったです!

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »